60歳の誕生日にプリザーブドフラワーを贈る

60歳の誕生日にプリザーブドフラワーを贈る

60歳の誕生日にプリザーブドフラワー

60歳のお祝いは、干支が一回りして元に戻るという意味の還暦という長寿のお祝いです。
もともとは、数えで61歳の年のお正月から立春ぐらいまでにお祝いをするものでしたが、
満年齢が浸透した現在は満60歳の誕生日に行う事も多いと言います。

 

還暦の贈り物の定番と言えば赤いちゃんちゃんこが有名ですが、
現在は還暦とはいえ若い方が多いので、ちゃんちゃんこが喜ばれない事もあるため何か赤い物をプレゼントしたり、
あるいは色にこだわらず還暦を迎えるご本人の好みのものをプレゼントする事が多いようです。

 

人生の節目である還暦です

いつもの誕生日プレゼントではなく、何か特別な贈り物をしたいと考える人も多いのではないでしょうか。
一生に一度の記念日だから、プレゼントにお花はいかがでしょうか。
お花のプレゼントは贈り物として定番中の定番ですからちょっと、と思う人もいるかもしれません。
おススメしたいのはもちろん、ただの花ではなく、枯れない花のプリザーブドフラワーです。

 

生花だとすぐに枯れてしまいますし、水遣りなどのお世話をしなければ長持ちしません。
しかし、枯れない花、プリザーブドフラワーであれば手間も必要なく数年は綺麗なままで飾っておけます。
還暦の色である赤いバラであれば、ゴージャスで還暦祝いとしてもふさわしいのではないでしょうか。

 

プリザーブドフラワーの特徴

何と言っても枯れない所、そして、数年は美しいまま飾っておけますし、アレンジが多様である事です。
例えば、フレーム型やドーム型、ケーキのようなアレンジや和風アレンジなど様々あります。
プレゼントとしてのおすすめは、ホコリがかからず長持ちする覆いのある、ドームやフレームタイプです。

 

部屋のどこにでも気軽に飾れますから、生花のように置き場所にも困りません。
生花よりは少し高いですが、予算に応じて選ぶ事も出来ますし、
花があると明るく華やかになりますからきっと喜ばれる事でしょう。
60歳のお祝いにはプリザーブドフラワーをおススメします。

ホーム RSS購読 サイトマップ